愛西市立北河田小学校
 

日誌

今日の給食R6
123
2024/06/11new

6月11日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

五穀ご飯 牛乳 愛西なす入りカレーライス ハンバーグ 蒲郡みかんゼリーポンチ

 【もちきびの写真】
     ↑
 と 関係があるのは
 ① ももたろう
 ② きんたろう
 ③ うらしまたろう

 北河田小学校での給食試食会。講話の中で、保護者の皆様にもクイズを体験していただきました。ただし、給食の実物がないので、「今日の五穀ご飯には、この(写真の)小さな粒が入っているんですよ」と説明しながら。
 この問題は、①~③の選択肢の中に「ももたろう」があることから、写真は「きび」だと推理できるように作っています。保護者の方が対象なので、「手を挙げて」ということはしませんでしたが、正解にうなづかれた方は、そのことに気づかれていた様子でした。
 
 保護者の皆様が試食している合間に、4年生にも同じ問題を出しました。1組は「きんたろう」、2組は「ももたろう」が多かったのですが、「ももたろう」という答えを聞くと、間違った児童も、写真が「きびだんごのきび」ということに納得していました。

 「ももたろう」は知っていました!   (←わからない方は、「5月27日の給食」も見ていただけると嬉しく思います)

 本日の講話のメインテーマは、「食の情報は諸刃の剣」。実在するAさんの体験談をもとに、「情報の落とし穴にはまらないでほしい」という願いを込めて、お話しさせていただきました。

 職員室に帰り、いつものように給食を食べ始める。
 あっ!、写真を撮っていない・・・。

 かろうじて残っていたご飯の写真。中央付近にある黄色くて小さな粒。これが「もちきび」です。
13:56 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2024/06/10new

6月10日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 豚肉とごぼうのカリカリ揚げ ほうれんそうのおかか和え けんちん汁

 しっぱいは 〇〇〇〇のもと
 ① おおはじ
 ② せいこう
 ③ うそつき

 〇〇〇〇に入る言葉を当てる問題です。
 3年生の教室。有名なことわざなので、簡単に「せいこう」と答えられてしまいました。でも今日は、下記の説明の方がメインです。

 昔、「建長寺」というお寺のお坊さんが豆腐の料理を作ろうとしていたところ、豆腐を落としてしまったそうです。それで予定していた豆腐の料理を作れなくなったのですが、その少し潰れた豆腐で汁物を作ったところおいしかったので、その後はわざと豆腐を潰してお汁を作るようになったそうです。そのお汁のことを「建長寺の汁」ということから、「けんちん汁」という名前になりました。
 豆腐を落としたのは失敗ですが、その失敗した豆腐をうまく使ったことで、何百年後の学校の給食の料理にも使われています。
 みなさんは3年生。失敗することは「恥」ではありません・・・(中略)・・・いちばんいけないのは「恥ずかしい」と思って「うそ」をつくことです。うそをつくと、その後どんどん悪い方向に進んでしまいます。

 説明の後は、たくさんの質問を受けました。特に興味を示したのが、「昔は時計が身近になかったので、お寺の鐘の音で時間を知らせていた」ことでした。

 お寺の鐘つながりで、近いうちに「おやつ」の話で訪問しようと思いました。
13:32 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2024/06/07

6月7日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

愛知の米粉パン 牛乳 のり塩めひかりフライ だいこ~んイタリアンきんぴら オニオンスープ

 鰯(いわし)より、身が崩れやすいかもしれない魚の「めひかり」。今日は「めひかり」のお話です。

 魚の日、定番のクイズ。
 ①~③まで、3尾の魚の写真を見せます。

 「今日食べている魚はどれでしょう。」
 ①は「いわし」、②は「ししゃも」、③は「めひかり」の写真です。

 4年生と5年生。①は数名、②と③が同数ぐらいでした。

 答え合わせの後、目がエメラルドグリーンに輝いている「目光」の写真を見せました。「きれい」や「気持ち悪い」という感想の中、「ネコの目みたい」という声も。
子供たちの発想に、秀逸さを感じました。

 めひかりの漁は底引き網で行われる。
 船の中でシルクアイス(マイナス温度の粒子が極めて細かいシャーベット状の氷のこと)で覆われ、蒲郡港へ水揚げ。
 工場に運ばれ、フライに加工。すぐに冷凍。
 鮮度が命。ここまでは時間との闘い。
 給食室に届けられて、冷凍のままフライヤーへ。
 揚げたてが教室まで運ばれる。
 「だから、おいしいんだね。」という声がうれしい。

 ほんのり香る青のりと、軽い塩味のアレンジ。
 給食室での味付けで、おいしさも倍増でした。 
14:52 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2024/06/06

6月6日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 鶏肉のおろしソース 豆苗の卵とじ オクラのすまし汁

 女性の教師が珍しかった昭和初期。昭和3年に教師になり、昭和55年までの52年間、高校や中学校で国語の先生を務められた女性の本を読んだことがあります。その本の中で特に印象に残ったのが「鉛筆の持ち方」についての記述。要約すると、「小学生のうちにきちんと身につけてほしかった。中学生になってからでは、手を取りながら教えることはできない」ということでした。

 今日は2年生の1クラスに、「箸の持ち方」のお話に行きました。
 「にぎり箸」のイラストを見せ「初めて箸を持つときはこんな持ち方かな」と話し、「箸先がクロスする箸の持ち方」のイラストでは、「先生が1年生の時までは、このように持っていたよ」と、自身の体験談も交えました。
 その後は、箸の持ち方の実演。「3本の指で箸を挟みこむように持ちます。一度、ぴゅっと3本の指を伸ばして、そのまま少し戻します。その指の形で縦に動かしていると、自然によい持ち方に近づいてきます」と説明しました。

 予定していた説明が終わり、食べている様子を観察します。「これで合ってる?」と箸の持ち方を見せてくる子どもたち。細かい部分に気になる所もあり、ぎこちなさも見られました。それでも、「きちんと持ちたい」という気持ちが伝わってきました。
 「上の箸は、鉛筆の持ち方と似ています。勉強の時間、鉛筆の持ち方も気をつけてくださいね」と言って、教室を後にしました。

 職員室。いつものように、給食を食べようと手を合わせた後、ふと、利き手ではない左手で箸を持ってみました。
 「うまく使うことができない・・・。」
 「わかる」と「できる」の違い。「できる」ようになるまでの長い道のり。
 保護者の皆様と一緒に見守っていけたらと思います。
13:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/05/31

5月31日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 揚げ鶏のみそがらめ かぼちゃのサラダ きつね汁

 22歳の時まで大阪に住んでいました。立ち食いのそば屋さんで「きつね・たぬき」と書いてある食券を買い、「きつねそばをください」と頼んだら、「兄ちゃん、それを『たぬき』って言うんだよ」と、たしなめられたことがありました。そんな思い出から・・・。

 大阪のうどん・そば屋さん
 「たぬき」と注文すると・・・
 ① 天ぷら入りのそば
 ② 油揚げ入りのそば
 ③ 天かす入りのうどん

 上のように記入したホワイトボードを見せて、次のような質問をする。
 「大阪で『きつね』と注文すると、きつねうどんが出てきます。『たぬき』と注文すると、出てくるのはどれ」。

 答えは②です。4年生から6年生。正解の②は、ほとんどのクラスで少数派でした。「赤い〇〇〇・緑の▢▢▢」というカップ麺のイメージによる影響が大きいようです。
 その後、次のような説明をしました。

・ 大阪でいう「きつね・たぬき」は具材の区別ではなく、油揚げ入りの「うどん・そば」の区別。
・ 関東では「きつねは油揚げ」、「たぬきは天かす」が入ったもの。それぞれに「うどん」と「そば」がある。
・ 天かすを「たぬき」というのは、「タネが入っていない天ぷら」→「タネぬき」→「たぬき」ということから。

 わずか15分程度で6クラス。あわただしく移動しながらのお話。
 それなのに、どのクラスも笑顔で迎えてくれます。うれしい限りです。
13:27 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2024/05/30

5月30日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 皮までおいしいさばの塩焼き 大豆の五目煮 かきたま汁

 3年生の教室。4種類の魚の「写真」を見せる。
 ① 秋刀魚 ② 鮎 ③ 鯖 ④ 鰯
 「今食べている魚は何番ですか」。

 校内放送で「鯖」という名は聞いている。でも、写真を見ても、鯖がどれかわからない。一回目、挙手は④に集中する。
 「周りの人につられて」いる様子だったので、「もう一回、自分で選んでみよう」と声をかける。今度は、③を選ぶ子が多くなった。

 「答え合わせだよ」と言って、「① 秋刀魚 ② 鮎 ③ 鯖 ④ 鰯」と漢字で書いてある文字カードを見せました。これらの読み方を確認してから、「正解は③でしたね」と発表しました。
 この後は、子どもたちからの「質問攻勢」を受けました。
 「秋刀魚って、秋に取れるの?」という質問に、「春にとれるから鰆という字の魚もあるよ」と答えると、「夏や冬は?」と質問がつきません。ここでいい区切りになると思ったので、「魚へんに、夏や冬の魚があるか、調べてみてください」と言って教室を出ました。
 3年生。好奇心が旺盛ですね。

 「皮までおいしいさばの塩焼き」という料理名は、「皮までおいしく食べられる子になってほしい」という願いを込めてつけました。「皮までおいしく食べられる子」は、きっと「魚が好きな子」なんだろうということをイメージして。

 ある給食施設を見学した際、下味をつけた「さば」に、軽く振り塩をしてからオーブンで焼いている姿を見ました。確かに手間はかかるのですが、その時試食した「さば」のおいしさに感動しました。それ以降、毎回ではありませんが、自分の調理施設でも取り入れるようにしています。

14:25 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2024/05/27

5月27日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 青じそ入りあじフライのレモンソース きんぴらごぼう 呉汁
 
 私が小学生の頃(約50年前)、土曜日が楽しみだった。
 特に夜のテレビ番組。「まんが日本昔ばなし」から「クイズダービー」、そして「8時だョ!全員集合」の黄金リレー。
 当時、昔ばなしは、子どもの身近にあった・・・。

 今日のホワイトボードの問題。

 このうたと かんけいがある たべものは?
 ① ごぼう
 ② いか
 ③ だいず
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 久しぶりの1年生。ホワイトボードの問題を読み上げて、はりきって歌を歌う。
 「ま~さかりか~ついで金太郎、く~まにまたがりお馬のけいこ。昔、怖いくまさんをお馬の代わりにできる、金太郎という力持ちがいました。この強い金太郎に関係がある食べ物はどれ」。

 答えは①のごぼうです。ちなみに、金太郎の息子の名前は「金平」。金平も金太郎と同じように強かった。そして、金平のように強くなれる食べ物だから「きんぴらごぼう」というようになったとか。
 話をしていて、改めて知りました。 
 昔ばなし・・・、知らないんだ。

 次に、6年生の教室。同じように歌を歌う。ただし「き~んたろう」の所は、「ん~んんんん」と濁して。「何の歌かわかりますか」。
 ・・・。まさかの無反応。

 恐る恐る聞く。「金太郎って知っている?」。
 ・・・。まさかの無反応。

 結局、1年生と同じように「全部」説明しました。「根菜は(漢方薬になっているものも多く)、体を強くしてくれる栄養が多い」という説明とともに。

 昔ばなしを知らない子が多い・・・そんなことを改めて知る時間になりました。
13:35 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2024/05/24

5月24日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ロールパン 牛乳 オムレツのケチャップソース ポテトサラダ ほたてのカレーチャウダー

 今週の月曜日から、栄養教諭になるための教育実習の先生がきています。昨日は4年2組、今日は4年1組で、「朝ごはんマスターになろう」という授業を行いました。「朝ごはんを食べたら、どんないいことがあるでしょう」という先生の問いかけに、先日(月曜日)にお話しした、「体内時計」のことを覚えている子がいました。

 さて、今日のメイン食材は「ほたて」。まずは、簡単なクイズから。

 ほたてとかんけいがあるのりものは?
 ① くるま ② ふね ③ ばしゃ ④ ひこうき

 2年生から3年生の教室に行きました。
 ほたては海の生き物なので、2年生でも正解の「ふね」を選ぶ子が多くいました。理由を聞くと「船で獲るから」という意見が多いようです。しかし、問題の意図はそこではありません。

 「正解は船。ほたての形が船に似ているからです」と言って、殻付きのほたての写真を見せる。「でも、全然船に似ていませんね」。
 「これを火の上で焼くと、パカッと貝殻が開きます」。見せるのは炭火の上で殻を開くほたての写真。
 そして最後に帆船の写真。「この姿が、帆を立てた船のように見えるので、ほたてという名前になりました」。

 実習の先生にも、一つのクラスでチャレンジしてもらいました。給食時間の独特の雰囲気。児童のパワーに押されながらも、笑顔で丁寧な説明が印象的でした。
14:19 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2024/05/23

5月23日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 かえり大豆 えのきとベーコンの炒め物 具だくさん汁

 かえり大豆の説明を、今月の放送資料から引用します。

 ーーしらす干しが銀色になるときーー
 「かえり大豆」の「かえり」は、この料理に使っている小魚のことです。
 しらす干しの色は「白い色」ですが、成長して大きくなると「銀色」に変化します。白色から銀色に「変わる」ころの小魚のことを、「かえりちりめん」とよびます。
 丈夫な体を作るための栄養素である、ビタミンや無機質がバランスよく入っている料理なので、成長期のみなさんにぴったりのおかずです。体のことを考えて、減らさずに、残さずに食べてくださいね。

 今日は、この放送に合わせて、「かえり」を当てるクイズをしました。
 「カタクチイワシ 写真」というキーワードで検索すると、「しらす干し」から「煮干し」までの成長の様子が7段階で示された写真があったので、①②③④⑤⑥⑦という番号をつけて、「かえりはなんばん?」という問題を出しました。

 教室に入って問題を見せると、「かえりって何」という質問が出ます。3年→2年→4年の順番で回ったのですが、4年生には「それを考えるのも問題だよ」と、ノーヒントで答えてもらいました。献立の放送や、目の前にある実物を参考にしたようで、どのクラスもおおよそ半数以上の子が、正解の④を選びました。

 味付けは、「照り焼き風のたれ」をからめたものです。
 ご飯にもよく合いますが、スナック感覚でもおいしく食べられる料理です。
 またの機会に、レシピを紹介できればと考えています。
14:39 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2024/05/20

5月20日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 北河田小学校先生

ご飯 牛乳 鶏肉の照り焼き にんじんのツナ卵炒め はくさいのみそ汁

 今日は、鶏肉がメイン、卵が準メインの献立。
 下記のようなホワイトボードを用意して、5年生の教室へ。

 鶏のイラスト → 鶏卵のイラスト
 1年間で何個ですか?
  ① 約100個
  ② 約300個
  ③ 約500個

 採卵用の鶏が、1年間で産む卵の数を問う問題です。
 ①~③、それぞれに手があがりました。なんとなく「当てずっぽう」の雰囲気です。問題を「1年間」ではなく「1年間(365日)」とした方が、もう少し理論的に考えたかもしれません。
 正解は②の約300個。その後は、次のように続けました。

 産卵周期は約25時間。
 産卵は午前中に行われる。
 (もちろん生き物なので、個体差はあります。)
 1日目「6時30分」に産むと、2日目は「7時30分」とずれていき、6日目には「11時30分」。7日目は・・・?

 この質問に対し、「12時30分」と答える子が数名。数秒の沈黙の後「お休み?」という答えが出ました。
 「そう、5日から6日間続けて生むと1日お休みがあるので、1年間で280~300個程度産むそうです。」

 最後に、「人間の体内時計も約25時間であること、朝食を食べるとで24時間周期にリセットできること」を、伝えました。

 この後は4年生へ。この学年には半年くらい前に行った内容。
 「鶏」の話は覚えていましたが、「人間」の話は・・・。
 まあ、朝食については、別の機会に学習できるといいですね。
15:06 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
123