校長室から

校長室から
2023/04/19

学校経営の目標

| by 市江小学校

<本校の教育目標>
 校訓「自主・誠実・明朗・努力」
 
 学校教育目標   知・徳・体の調和のとれた心豊かでたくましい児童の育成
                    
 教育方針ー3つの柱ー
  ・学びづくり
    子どもたちの学びを支える仕組みを確立することで、分かる喜びを実感し、
    主体的・対話的に深く学ぶ児童を育成する。
  ・絆づくり
    関わりとつながりを大切にする教育を実践することで、周囲の人々と助け合い、
    共存しながら生きていこうとする児童を育成する。
  ・体づくり
    
運動に親しませ、体力向上を目指す取組を計画的に実践することで、心身共に
    健康な児童を育成する。
 
 
めざす子どもの姿              
  
のち・・・命を大切にする
  ・え・・・・知恵をはたらかせる
  ・がお・・・笑顔で生活する 
 
 めざす学校像
  ・夢や希望が語れる学校
  ・地域の力となれる学校
 
 めざす教職員像
  ・子どもたちの笑顔のために、考え、自発的に行動できる教職員

<経営方針>

1 「生きる力」を育み、児童一人一人が楽しさを実感できる学校づくりを進める。
2 教師の力量及び資質の向上に努め、家庭や地域から信頼される学校づくりを進め
 る。
3 積極的な情報発信や地域との連携・協働により、開かれた学校づくりを進める。

<令和6年度 重点努力目標>
 ア 楽しさを実感できる学校づくり
        ・生活規律及び学習規律の確立と自治能力の育成
   ・「読解力」の向上をめざした授業実践と指導方法の工夫改善
   ・「主体的、対話的で深い学び」の具現化
   ・プログラミング的思考を取り入れた授業づくり
   ・道徳教育や児童会活動、異学年交流活動等による人権感覚の育成
   ・感染症予防の恒常化と体力向上をめざした運動習慣の日常化
   ・インクルーシブな学びができる学習活動の工夫と児童相互の交流

 
 イ 家庭や地域から信頼される学校づくり
   ・教職員が協調性や協働意識をもって積極的に学校経営に参画できる体制づくり
   ・教科の指導法研究とICT機器の活用
   ・愛西市「授業力向上学び合いプロジェクト」の活用と力量を高め合う教師集団
    づくり
   ・自他の健康や命を尊重できる児童の育成
   ・登下校の安全に対する意識向上の呼びかけ
   ・生活アンケートや教育相談、Q-Uアンケート等をもとにした児童理解とい  
    じめや不登校、小1プロブレムなどの未然防止及び早期発見・早期対応
   ・安全で安心できる教育環境の維持、整備
   ・日常の清掃指導の充実と美しい教育環境づくり
                                                     
  ウ 開かれた学校づくり
   ・地元の幼稚園・保育園、小・中学校及び高等学校との連携
   ・地域の特色についての専門的な知識を有する外部講師による出前授業の実践
   ・見守り隊や読み聞かせ等、ボランティアの方々との交流活動の実践
   ・諸通信やホームページを利用した情報発信
   ・学校評価の結果や保護者・地域の声を生かした学校運営改善

  
  エ 多忙化解消にかかる業務改善
   ・校務分掌及び校内行事の精選や内容の見直し
   ・会議の精選や職員会議のペーパーレス化及び事務処理の効率化
   ・勤務時間管理システムの活用
   ・月1回の定時退校日の設定
   ・ワークライフバランスの視点を取り入れた働き方に対する意識改革
   ・諸課題に対する組織的な取組による個々の負担軽減と児童と向き合う時間の確保
 

 


12:38
2022/04/01

学校経営の目標

| by 市江小学校

<本校の教育目標>
 校訓「自主・誠実・明朗・努力」のもと、知・徳・体の調和のとれた心豊かでたくましい児童の育成を図る。
    めざす児童の姿
 ・のち・・・命を大切にする
 ・え・・・・知恵をはたらかせる
 ・がお・・・笑顔で生活する 

<経営方針>

1 「生きる力」を育み、児童一人一人が楽しさを実感できる学校づくりを進める。
2 教師の力量及び資質の向上に努め、家庭や地域から信頼される学校づくりを進め
 る。
3 積極的な情報発信や地域との連携・協働により、開かれた学校づくりを進める。

<令和4年度 重点努力目標>
1 楽しさを実感できる学校づくり
(1)児童が安心して学校生活を送ることができるよう、生活規律及び学習規律につ
  いて全ての教職員が同一歩調で指導にあたるとともに、自治能力の育成に努め  
  る。
(2)学習指導要領の趣旨を踏まえ、基礎的・基本的な学力を身に付けさせるべく、
  「主体的、対話的で深い学び」の具現化を図る。特に、プログラミング的思考を
  取り入れた授業づくりに全校体制で取り組む。        <確かな学力>
(3)道徳教育や児童会活動、異学年交流活動を通して、尊敬や感謝、いたわりの気
  持ちを育て、人として幸せに生きることを尊重し合う人権感覚の育成を図る。
                               <豊かな心>
(4)新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防への意識を高めるとともに、た
  くましく生きるための体力向上をめざした運動習慣の日常化を図る。
                               <健やかな体>
(5)特別支援教育コーディネーターを中心に、インクルーシブな学びができる交流
  学級での学習活動を保障し、児童相互の交流を図る。

2 家庭や地域から信頼される学校づくり
(1)教職員一人一人が自らの責務を自覚し、協調性や協働意識をもって積極的に
  学校経営に参画できる体制づくりに努める。
(2)GIGAスクール構想に対応すべく、ICT機器の運用や教科の指導法研究に
  積極的に取り組むとともに、愛西市「授業力向上学び合いプロジェクト」を活用
  し、教師としての力量を高め合う教師集団づくりをめざす。
(3)健康教育・安全教育・防災教育・食育を充実させ、自他の健康や命を尊重でき  
  る児童を育成する。特に、通学団指導の強化を図り、登下校の安全に対する意識      

  向上に努める。
(4)生活アンケートや教育相談、Q-Uアンケート等をもとに児童理解を図るとと
  もに、いじめや不登校、小1プロブレムなど、問題の未然防止及び早期発見・早
  期対応に努める。

(5)校内の確実な安全点検活動により、安全で安心できる教育環境を維持するとと
  もに、日常の清掃指導の充実を図り、整然とした美しい教育環境づくりに取り組
  む。

3 開かれた学校づくり
(1)ポストコロナ時代に即した学校公開や授業参観、学校行事等を通し、児童及び
  学校の様子を積極的に保護者や地域に公開し、学校教育への理解を促す。
(2)地元の幼稚園・保育園、小・中学校及び高等学校との連携や、家庭や地域団
  体と協同して、「社会に開かれた教育課程」の実現をめざす。
(3)保護者や学校評議員との意見交流を通じて、学校や家庭・地域の状況について  
  相互理解を図るとともに、現状の問題点や改善点等に迅速に対応する。
(4)授業をはじめとする学校生活の様子を諸通信やホームページで積極的に発信し、
  学校教育への関心を高めるとともに、協力体制づくりに生かす。
(5)学校評価の結果を分かりやすく公表するとともに、PDCAサイクルを通して
  学校運営の改善に積極的に生かす。


00:00

新着情報

 

訪問者カウンタ

COUNTER1272082
このホームページ内に掲載している記事,写真など一切の無断転載を禁じます。
Copyright(C) ichie Elementary School All rights reserved