愛西市立立田南部小学校

 

学校教育目標

 本校の教育目標

知・徳・体の調和のとれた教育を進め、
明るく、たくましい立南っ子を育てる。
 
 〈めざす児童像〉
 明るく、じょうぶな子ども
 よく考え、工夫する子ども
 進んでとりくみ、やりぬく子ども
 友達のことを考え、助け合える子ども


■ 経営方針

 「共学・共働・共有・共感」を基本とし、心の触れ合いを通して教師と児童の信頼関係を深め、人間性豊かな子どもの育成に努める。

 職員相互の信頼と学び高め合う姿勢を大切にするとともに、職員の創意・工夫を学校運営に生かすよう努める。

 今日的な教育課題を踏まえ、「生きる力」の育成や「心の教育」を大切にし、教育内容の重点化、創意と特色のある教育課程の編成・実施・評価に努める。

 家庭や地域に対する説明責任を果たすことを通じて連携を深め、信頼と協調の上に立った地域に開かれた学校を目指す。

■ 本年度の重点努力目標
 キーワード「みなが楽しい学校づくり」

 授業や学校行事等を通して、子どもたちの成長を共に
 喜び、共に楽しむ学校づくりに取り組む

 「学ぶ楽しさ」と「わかる喜び」を大切にした学習指導の充実

 

(ア)

自ら学ぶ意欲と共感的な姿勢の見られる、協同的な学びを取り入れた指導を行う。

(イ)

個に応じた指導に心がけ、基礎的・基本的な知識・技能の定着を図る。

 

(ウ)

読書環境を整え、本を読むことの楽しさを味わわせることにより、読書が好きな子どもを育てる。

 

(エ)

 新学習指導要領の移行期間であることを念頭に置き、「主体的、対話的で深い学び」を意識した授業の推進。

 体験・交流活動の推進

 (ア)

地域素材を教材化し、体験的な学習活動を積極的に取り入れる。

 (イ)

異学年間の交流を通して、豊かな心情と社会性を育てる。

 現職教育の充実

 

(ア)

 

外国語活動を中心とした授業研究への取り組みを通して、授業力の向上を図る。

 

(イ)

愛西市「授業力向上学び愛プロジェクト」等での授業参観や実践、研究協議会への参加を通して、授業力の向上を図るとともに授業を見る目を養う。

 

(ウ)

体験・交流活動における望ましい集団活動のあり方についての研究を計画的に推進する。

 家庭・地域との連携

 

(ア)


保護者との緊密な連絡、学年通信や懇談会・家庭訪問などを通して指導方針や計画、児童の様子など学校の情報を家庭・地域に発信し、学校教育への協力体制づくりに努める。

 

(イ)

PTA活動の充実を図るとともに、保護者や地域のボランティア活動を積極的に取り入れる。

安心・安全な学校づくり

 

(ア)

防災教育・防犯教育の充実を図る。

 

(イ)

特別な教科「道徳」の充実を図り、心の教育を推進する。